2008年04月28日

開幕投手の不思議

 またしても、小林宏が負けた。まだ4月だというのに早くも4敗目だ。昨季は13勝3敗だったから、早くも負け数で上回ってしまった。
 小林宏は今季の開幕投手である。今年30歳になる、脂の乗り切った中堅選手だ。成瀬もいるが、経験や実績を考えると、やはりマリーンズのエースは彼だと思う。
 その小林宏が、今季は結果を残せていない。開幕戦では好投しながら足のけいれんで降板し負け。その後も苦しいピッチングが続いている。昨季までの安定感が嘘のようだ。

 そこで気付いたのだが、マリーンズの開幕投手は毎年たくさん負けている。インターネットで調べてみたら、以下のようなデータができた。この10年の開幕投手の成績である。

平成19年 清水直行 6勝10敗
平成18年 久保康友 7勝13敗
平成17年 清水直行 10勝11敗
平成16年 清水直行 10勝11敗
平成15年 ミンチー 14勝9敗
平成14年 ミンチー 15勝14敗
平成13年 黒木知宏 11勝4敗 ※右肩故障で7月にリタイア
平成12年 黒木知宏 10勝12敗
平成11年 黒木知宏 14勝10敗
平成10年 小宮山悟 11勝12敗
<平均> 10.8勝10.6敗

 この10年で負け越しが6回。2桁勝利は8回あるが、2桁敗戦も8回ある。一昨年の久保はWBCの影響で転がり込んだ開幕投手だが、他の年はチームで1番の先発投手が開幕戦で投げている。そう考えると、やはりこの負け数は多い。
 昔のマリーンズは弱かった。エースが好投しても援護に恵まれない試合が多かった。それはわかるが、平成12年の小野(13勝5敗)や平成16年の渡辺俊(12勝6敗)のように、先発の2番手が大きく勝ち越している年も少なくない。
 また、優勝した平成17年は清水以外の先発陣は全員勝ち越しで、渡辺俊は貯金11を稼いでいる。昨年は小林宏が貯金10、成瀬は貯金15だ。それなのに開幕投手の清水はきっちり2桁負ける。全く不思議である。
 マリーンズのエースは、それほど注目される選手とは言えない。この10年を見ても、プロ野球ファン以外にも知られているのは黒木くらいだろう。他の先発投手よりプレッシャーがかかるとは思えないのだが、実際はそうでもないのだろうか。プロである以上、開幕投手になったくらいで不調に陥るというのはあり得ないと思うのだが…。

 しかし、こう開幕投手が負けるようだと、来季は作戦を変えた方が良いかもしれない。一軍半の選手、例えば中郷や神田を開幕投手にして、2戦目以降の先発投手と入れ替えで二軍に落とすという手はどうだろう。一軍復帰するにしても、中継ぎなら2桁負ける前に登録抹消を食らうだろうし…。
posted by せた at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

100円でできる非日常

 酔っている。いつも通り、350mlのチューハイを飲んだだけで、すっかり泥酔してしまっている。頭はこの文章を書ける程度の状態だが、歩くと足元はフラフラである。
 さきほど飲んだライムチューハイは、あまりおいしくなかった。糖質80%オフなので、甘みが足りず酸味が強い。私は甘党なので、酒もどちらかというと甘いものが好きだ。
 しかし、酒の味などは飲む目的とは関係ない。飲む目的とは、まさに酔うことなのだから。酒が弱い私は、100円ほどのチューハイだけで酔うことができ、日常を離れることができる。

 飲まなくてもいい、すなわち目の前の現実から離れたくならない状況を作ることができれば、それにこしたことはない。しかし、なかなかそうもいかないのが現状である。
 日常というのは、良いことばかりではない。むしろ、物事がうまくいくことよりも、うまくいかないことの方が圧倒的に多い。ストレスというのは、必然的に溜まるものである。
 ゆえに、次善の策として、私は酒を飲む。仕事の悩みや将来への不安が完全に消えるわけではないが、そういうものに対する感性が鈍くなる時間を持つことで、精神的にはだいぶ楽になるのだ。

 しかし、1つ問題がある。酔っ払ったときの私の姿が、見る人によっては非常におもしろく見えることである。職場の飲み会で、同僚の女性に爆笑された時には、酔っ払いながらもけっこうショックを受けた。
 1人でこっそり飲むのが好きなのは、私の自意識によるところが大きいのかもしれない。
posted by せた at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

奈良へ安く行くには

 ゴールデンウィークが迫ってきた。昨年は前半の3連休のうち2日、後半の4連休の全てが休日出勤という惨状であったが、今年はどうやら順調に休めそうだ。
 さて、そうなると後半の4連休(5/3〜6)は関西に帰ろうかということになるわけだが、ここで1つ問題が発生する。交通手段をどうするかである。夜行バスは既にほぼ満席だし、渋滞が予想されるから下手をすると到着は夕方になる。新幹線は金がもったいない。青春18は使えない時期だ。
 そのような状況の中で、私は1つの案を思いついた。
「できるだけ安い手段で帰ってやろう」

 手段を調べる前に、1つの基準を設けた。新宿から奈良までの夜行バスの運賃、8400円である。夜行バスにもわずかながら空席があるので、それに近い値段でしか行けないようなら意味がない。安い手段ということはスピードを度外視しているわけで、奈良に着くのは早くても3日の夜になる。それなら、到着が少々遅れようと夜行バスの方が楽だ。
 さて、東京や名古屋といった大都市の近郊では、JRよりも他の大手私鉄の方が運賃は安い。新宿から小田原までは小田急、豊橋から名古屋までは名鉄、名古屋から大和郡山までは近鉄を利用すると安上がりだ。今はインターネットの乗換案内があるので、比較は容易にできる。
 残るはJRしか利用できない静岡県あたりだが、便利な切符があっさりと見つかった。JR東海の「休日乗り放題きっぷ」で、これを利用すれば東海道線(熱海−豊橋)、御殿場線、身延線の普通列車が乗り放題になる。料金は2600円で、熱海−豊橋間の普通運賃より660円も安い。
 これらの情報からプランを立てると、以下のようになった。

船堀発 8:17
岩本町着 8:33 秋葉原まで徒歩移動
秋葉原発 8:40 JR(160円)
御茶ノ水着 8:42
御茶ノ水発 8:44
新宿着 8:54
新宿発 9:11 小田急(750円)
新松田着 10:36 松田まで徒歩移動
松田発 10:45 JR(2600円)
沼津着 11:54
沼津発 11:58
-------この間のどこかで途中下車して昼食-------
浜松着 16:32
浜松発 16:49
豊橋着 17:21
豊橋発 17:32 名鉄(1080円)
名古屋着 18:21
名古屋発 19:31 夕食、近鉄(2070円)
伊勢中川着 20:51
伊勢中川発 21:05
大和八木着 22:11
大和八木発 22:16
近鉄郡山着 22:33

 交通費の総計は6660円で、夜行バスよりはるかに安い。途中下車の時間もそれなりに取れる(静岡県内で約2時間半、名古屋で約1時間)ので、体力的にも問題ないし退屈することも考えにくい。時間が許せば、この案を採用することにしよう。
 手段というのは意外にあるものだというのが、正直な実感である。当然、このプランは京都や大阪に行くのにも応用が利くので、暇な方は1度試していただきたい。
posted by せた at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

若き一塁手

 細谷圭という人物をご存じだろうか。千葉ロッテマリーンズに所属する、20歳の内野手である。昨年はイースタンで9本塁打を放っていて、和製大砲候補として期待されている。
 その細谷が、本日一軍に登録された。彼の打力に期待してはいただろうが、むしろ一塁手がいないというチーム事情によるところが大きいと思う。福浦、ズレータがともに打撃不振で二軍落ちしていて、この1週間ほどはオーティズや堀を一塁で起用していたが、一塁手が絡む失策(一塁への悪送球も含めて)が続出していた。
 そういう状況だったから、一軍はまだ時期尚早かなというのが私の見方であった(もちろん期待はしていたが)。しかし、彼は私の予想をよい意味で裏切ってくれた。0-1で迎えた7回裏、2死2塁から貴重な適時打を放ったのである。
 これで、細谷がすぐに二軍に落とされる可能性はなくなった。前述のチーム事情もあるから、1週間くらいはチャンスをもらえるだろう。まだ一軍での安打は1本だけで、まだ実力のほどは何とも言えないが、チャンスを生かしてくれることを期待したい。
 ちなみに、鮮烈なデビューといえば塀内(一軍昇格即スタメン初打席本塁打)が思い出されるが、彼は一軍半のままで伸び悩んでいる。細谷には、ファンに与えた鮮烈なイメージが色褪せないうちに、レギュラーを獲得してほしいものだ。

 一塁手というのは、打力が優れていて守備に不安がある選手が守るポジションというイメージがある。しかし、一塁手も野手の1人であり、守備の巧拙がゲームの行方を左右することも少なくない。例えば、11日のロッテ−日本ハム戦では、一塁手オーティズの失策が決勝点になった。
 そうなってみて実感するのは、福浦の存在の大きさである。福浦がパリーグ屈指の好打者であることは言うまでもないが、実は一塁守備にも定評があり、ゴールデングラブ賞を3度獲得している。彼がいるといないとでは、チームの守備力にかなりの差が生じるのだ。
 しかし、その福浦も昨季は不振にあえぎ、今季も調子が上がらず二軍で調整中である。ゆえに、そろそろポスト福浦も考えなければならない。
 そういう意味でも、細谷に対する期待は大きい。二軍では三塁や遊撃も守ったようだが、一塁専門で育成した方が良いのではないか。遊撃は西岡、三塁は今江という若きレギュラーがいて、二塁は根元がレギュラーの座を獲得しそうだ。打力が自慢の青野、快足の早坂、守備が堅実な渡辺正もいる。競争率は一塁が最も低い。
 広島の栗原や横浜の吉村のように、一塁に固定して結果を出した日本人若手選手は少なくない。かつての清原もそうだった。そう考えると、細谷を一塁に固定するのも悪くないと思う。
 起用法も含めて、今後の細谷の動向に注目したい。
posted by せた at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

趣味

 趣味が多い人だと、言われることがある。自分ではそういう自覚はなかったのだが、考えてみればそうかもしれない。
 書類などで趣味を記入する欄があれば、将棋、旅行(国内を付けることもある)、野球観戦(スポーツ観戦とする場合もある)としている。順番は状況によって異なるが、この3つはたいてい入れる。特技と記入欄が分かれていれば、特技を将棋にして趣味を残り2つにする。
 そのほか、初対面では言わないが麻雀、競馬あたりはれっきとした趣味である。他にもカタン、信長の野望シリーズといったゲームも挙げようと思えば挙げられる。歴史も趣味と言えなくもない。
 一方で、プロフィールの趣味の欄に1つしか記入がない人もいれば、「趣味は特にないんです」と言われることもある。そう考えると、私は多趣味であると言って間違いはあるまい。

 趣味が多いこと自体は、悪いことではないだろう。多ければ多いほど、他者と共通の趣味を持てる可能性が高くなるのだから。
 しかも、私の場合は「浅く広く」という感じでもない。特別に技能が優れているものはないが、趣味欄に記入するのが恥ずかしいというレベルのものはない。趣味が合えば、誰とでもそれなりに話はできると思う。
 しかし、1つ大きな問題がある。いかに趣味が多くても、一般の女性と合う趣味はほとんどないのである。せいぜい旅行とスポーツ観戦くらいだが、後者はどうも使いにくい。スポーツをする方は全くダメで、体育の成績も惨憺たるものだったため、同じ観戦好きでも体育会系の人とはスタンスが違うように思う。
 私と親しくなるための入口は、広いようで狭いのかもしれない。
posted by せた at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

暗い話

 最近、結論の出るはずがない難しい話、暗い話をする機会が増えた。こう書くと私の機嫌が悪いように思われるかもしれないが、実はそうでもない。普段の私から考慮すると、むしろ機嫌は良いほうだと思う。
 その理由は簡単で、暗い話もできる相手が東京に来るからである。多人数だと場の雰囲気に配慮することもあるが、信頼できる友人と2人だあれば、できる話の範囲は大きく広がる。すなわち、暗い話ができるというのは、まんざら悪いことでもないのである。
 
 残念ながら、私の日常生活の中では、暗い話をできる相手は全くいない。職場ではどちらかというと一匹狼で(同種の人間が多い所だが)、同僚と仲が悪いわけではないが、やはり気を遣いながらの会話になることがほとんどである。
 しかし、私には将棋という趣味がある。この趣味を通じて知り合った人達、特に大学卒業後もウエスタンという組織で一緒にやっている面々には、少々暗い話、難しい話もできる相手が多い。ゆえに、彼らが東京を訪れたときは、明るい話題に限らず、いろいろな話をすることになる。
 そういう機会が最近増えていて、2月23日のF氏(HN、以下同)から始まり、翌日のR氏、3月16日のS氏、21日のO氏、4月1日のK氏と、この1ヶ月あまりの間に、5人ものウエスタンメンバーと会った。
 彼らとの付き合いは長い。最も短いR氏でも7年、最も長いO氏で9年になる。それぞれ疎遠になっていた時期もなくはないが、それでも年月の重みというものは確実に存在する。
 もし彼らがいなかったら、そう思うとゾッとする。自分1人で抱え込まなければならないことが多くなり、精神的な苦しみに耐えられないのではないか。

 景気のいい話なら、誰とでもできる。しかし、それだけでやっていけるほど、この世の中というものは甘くない。辛いこと、苦しいことのない人生など存在し得ないのだ。
 そして、その辛いこと、苦しいことを自分1人で消化できるほど、人間という動物は強くない。他者と苦しみを共有できるからこそ、なんとか生きていけるものなのではないかと思う。
 できることなら、暗い話はせずに済ませたい。しかし、それで生きていけるほど、私は強い存在ではない。ゆえに、暗い話もできる相手と会話することを、私はいつも楽しみにしているのである。
posted by せた at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。