2008年07月27日

未体験の戦いへ

 いよいよ、戦いの時が近づいてきた。私にとって、団体戦とは常に「戦う」もの。それが、個人戦とは決定的に違うところだ。チームの勝利のために全身全霊で戦う、それが団体戦である。
 初めて団体戦に出てから、今年でちょうど10年。人数も形式も異なる、いろいろな戦いを経験してきた。笑ったこともあり、泣いたこともあった。勝利を求め、自分にプレッシャーをかけ、極度の緊張の中で戦ったからこそ、感情の爆発的な高まりがあった。

「勝たねばならぬ」
 何度、そう思ったことだろう。この10年間、ほとんどの戦いにおいて、私はチームの主力選手だった。自分より明らかに強い仲間2人と3人制の団体戦に出たこともあったが、1人が負ければ自分が勝たねばならぬわけで、勝たなくても良い選手ではけっしてなかった。昨年の社団戦は強い仲間がたくさんいたが、メンバーを緩める試合が多かったため、自分はけっこう重要なポジションで出ることが多かった。
 ところが、今回の社団戦は、ここが決定的に違う。自分より明らかに強い仲間多数と一緒に、7人制の団体戦を戦うのである。ゆえに、客観的に見て、自分の対局の重要性はこれまでよりも低い。

 チームのメンバーが固まってから、ずっと戸惑いがあった。自分はどういうスタンスで戦えば良いのか。自分なりに楽しんでも良いのではないか。負けたところで、よほどのことがない限り戦犯にはならないのだから。
 そう、もし自分が主将という立場で今年のメンバーを率いるなら、自分の勝利をアテにはしない。もっと強い選手4人が勝つことを期待し、それをめざして各選手の起用法やオーダーを考えるだろう。
 だが、それに納得していない人間がいる。自他ともに認める団体戦狂である、この私である。
 あいつらは強い。一発勝負ならともかく、何局も指せば絶対に負け越す。だが、自分だってそこそこ強いはずだ。けっして役立たずではないはずだ。実力では劣っても、勝負根性なら負けない。
 そうは思っていても、実際に勝たなければ、周囲も自分も納得しない。だから、とにかく理屈抜きに勝つしかない。せたという選手がいて良かったと、皆に思わせる活躍をするしかない。

 私は戦う。全身全霊で戦う。チームのために、そして団体戦狂を10年も続けてきた自分自身のために。
posted by せた at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。