2008年08月22日

懐かしの街へ

 あと数時間したら、旅に出る。1日休みを取り、土日と合わせて3連休にして、関西に帰るのである。つい2週間ほど前に帰ったばかりだが、またイベントがあるので、2度帰るのは夏前からの予定通りだ。
 当然のことながら、月に2度も帰省するとなると、財政は非常に厳しい。もちろん、出費に見合う価値のあるイベントだと思うから帰るわけだが、現代日本人にふさわしくない価値観なのかもしれない。まあ、このあたりは自分の存在の根幹に関わるところなので、直すつもりは全くないが。
 しかし、金がないというのは厳然たる現実である。そこで、今回の帰省は青春18きっぷを使うことにした。家族が使ったものが1回分残っていたので、それを送ってもらった。これで、片道の交通費は2300円で済む。
 では経路をどうするか。普通は東海道だが、何度も通ったルートであり、おもしろみがない。しかも、魅力的な観光地はほとんど駅から離れているので、何をするにも金がかかる。
 そこで、朝早く起きられたらという条件付きだが、中央本線回りで行くことにした。こちらはあまり行ったことがないし、駅から徒歩圏内に温泉などもある。列車の本数が少ないという制約はあるが、朝寝坊しなければ途中下車はできる。
 ルートは決めたが、実はそれ以上のことはほとんど決めていない。そもそも寝坊したら東海道で行くし、要するに行き当たりばったりである。1人旅だし、車内で暇に過ごすよりは途中下車駅を考えながら過ごす方が、精神衛生のためにも良いだろう。

 さて、土曜も実は夕方まで用事がない。実家で休養という手も有力だとは思うが、最近行きたくなった街があるので、そこに行こうと思う。その街とは、私が学生時代を過ごした懐かしの街、神戸である。
 神戸での思い出は尽きない。3年半という期間は今となってはそれほど長い年月ではないが、一軍戦に情熱を燃やし、麻雀を楽しみ、学業やバイトもそれなりにやっていたこの3年半は、実に貴重で実りの多い時期だった。私のアイデンティティが固まった時期であるとも言える。
 当然、ゆかりのある場所も多い。多過ぎて、どこに行こうか迷うくらいだ。とりあえず大学近辺は外せない。三宮や元町は行きやすくてありがたみがないが、神戸に行くとなるとやはり捨て難い。住吉や御影も懐かしい気分に浸れるだろう。滅多に行かなかったが、須磨や垂水に行くのも悪くない。
 おそらく、どこへ行くかは当日まで迷うことになるだろう。しかし、それはそれで悪いことではあるまい。学生時代の思い出を呼び覚まし、行先を考えつつ感傷に浸るのもいいだろう。そして、どこへ行ったとしても、それなりの感慨はあるはずである。

 今、私は単独行動の機会を減らす、すなわち独身生活を卒業するための活動を行っている。私の望みがかなえば、1人旅をすることはほとんどなくなるだろう。来年も再来年も1人旅の機会がたくさんあるならば、それは私が不本意な暮らしを続けているということだ。
 だから、今は今しかできないことを思い切り楽しむべきだろう。そのためにも、肩の力を抜いて、その場その場で適当に行動するようにしたい。単独行動の特権を生かすことが、1人でいるという現状を最大限に活用することなのだから。
posted by せた at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです、勢田さん。
関学OBの者です。
勢田さんよりも1学年上で、勢田さんが2回春から3回春にかけての一軍戦でB級で熱戦を繰り広げた関学OBです。
当時は、いつも神戸か関学が昇級候補の一角と言われ、このカード(直接対決)を制した方がA級というほど熱戦が繰り広げられました。
当時を振り返って、力が拮抗しているゆえ、オーダー作成が勝敗の分かれ目になっていたような気がします。
勢田さん卒業年度の秋季の一軍戦で私がOBながら、オーダー作成の依頼を受けて観戦しに行った
あの日から6年という歳月が経ちましたが、
また久しぶりにお会いしたいですね。
私は現在、神大の近くに住んでいるので神戸に来られた際は、又、お会いしたいですね。
Posted by 関学OBの者です at 2008年10月13日 14:30
>関学OBさん

ご無沙汰してます。
懐かしいですねぇ。
また神戸に行くときにはここで告知しますので、機会があればぜひ。
Posted by せた at 2008年10月17日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。