2008年10月20日

東北秋旅・その2

 私はぶらぶらと歩いた。めざすは鶴岡公園(鶴ヶ岡城址)を中心とする、史跡が集まるエリアだ。しかし、主な施設は9時からしか入れないので、まっすぐ行くと時間が余ってしまう。寄り道をしながら行けば、良い時刻になるだろう。
 ちょっとした史跡に立ち寄ったり、川を泳ぐ鴨の写真を撮ったりして(鶴岡は実にカモが多い!)時間を潰し、鶴岡公園に到着したのはちょうど9時頃であった。
 私がたどり着いた入口の先には鳥居があり、奥には神社の社殿が見える。これはよくあることだが、左手に動物の檻が2つあるのは珍しい。1つには猿、もう1つには孔雀や鶏などの鳥類が飼われていた。無料で見られるのは良いが、飼育費に見合う集客力があるかは疑問だ。
 堀の向こうに白壁の洋風建築が見えたので、まずはそこに行ってみる。大宝館という大正時代の建物で、中は明治以降の庄内の人物を紹介する資料館になっていた。手短に見学を済ませ、再び堀の外へ。
 次に訪れた致道博物館は、今回の旅で最も楽しみにしていた施設だ。ここの敷地内には庄内地方の古い建物が集められていて、庄内藩酒井家の庭園もあるという。愛知県にある明治村の小型版のようなものだろうか。
 この予想は全くの外れではなかったのだが、こちらは街中ということで敷地が狭い。中には新しい建物もあり、全体的に窮屈な印象を受けた。順路があるようなので、1つずつ順番に見ていくことにする。DSCN0066.JPG
 それぞれの詳細は省略するが、歴史のある建築物は、いずれも相応の風情があり、なかなかおもしろかった。博物館というだけあって、中に展示のある建物がほとんどだが、内部に関して特に良いと思ったのは、養蚕農家の内装を残している旧渋谷家住宅(写真上)くらいだった。まあ、700円という料金を考えると、こんなものだろうか。
 続いて庄内藩校「致道館」を訪ねる。江戸時代の藩校の建物の一部が今も残っていて、内部も見学できる(写真中)。藩校の歴史や概要についての展示もおもしろかった。無料ということもあって、ここは大満足。DSCN0087.JPG
 次は少し歩いて旧風間家住宅「丙申堂」へ。ここは明治時代に建てられた商家で、初老の女性が内部を案内してくれた。まさか単独の客に案内が付くとは。客が少なく人手が余っているのだろうが、それにしても驚いた。
 この家の最大の特徴は、瓦ではなく石を置いた屋根だとのことで、2階に案内されて窓から眺める(写真下)。確かにこれは珍しい。その後、1階も一通り案内してもらい、写真も何枚か撮った(ここは撮影自由)。DSCN0098.JPG
 少し歩いて風間家の別邸「釈迦堂」へ。これも明治時代の建物らしい。こちらは案内こそなかったが、純和風の建築と庭園を堪能できた。料金は丙申堂、釈迦堂共通で400円。鶴岡の施設はどこも良心的だ。
 釈迦堂を出たのは11時半頃。鶴岡駅12時12分発の列車で酒田に向かう予定なので、そろそろ時間がなくなってきた。できれば鶴岡で昼食を取りたかったのだが、適当な店はなく、店を探す時間もない。近くのバス停まで少し歩き、バスで鶴岡駅へ移動。
 予定通りの列車に乗り込む。朝起きたのが5時前で、鶴岡でもかなり歩いて疲れていたため、あっという間に眠ってしまった。
posted by せた at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。