2008年11月25日

東北秋旅・その5

 朝7時45分、北上行の列車が横手駅を出発。前日ほどではないが、この日も早いスタートだ。東側の席に陣取ったので、朝日が眩しい。とりあえず缶コーヒーとパンで朝食を済まし、その後は時刻表で行程を確認して過ごした。
 ほっとゆだという駅で降りる。ここで途中下車した理由は、駅舎内に温泉銭湯があるからである。せっかく東北に来たのだから、やはり温泉はぜひ行っておきたいところだ。
 改札を出て、まず銭湯へ。250円は安い。規模としては小さいが、先客はけっこういる。地元のおっちゃんが朝風呂に来ているようだ。連れ立って来ていて大きな声で喋るので、いささか肩身が狭い。
 湯船に足をつけて驚く。熱い。じっと浸かっていられるのは1〜2分だ。地元のおっちゃん達もここは熱いと言っている。このあたりは小規模の温泉が多いから、おそらくいろいろ行っているのだろう。
 風呂から上がり、少し休憩して午前9時。駅前の観光案内所が開く時刻で、私はさっそくそこでレンタサイクルを借りた。次の列車は10時48分発なので、まだ2時間近くある。ここはサイクリングを楽しむ一手だ。もちろん、近辺の地図もいただいて行く。DSCN0266.JPG
 この駅と温泉は、錦秋湖というダム湖のすぐ近くにあり、自転車を1分もこぐと、湖畔にたどり着いた。人工の湖ではあるが、山に囲まれた湖というのは風情があり、景色も美しい。
 湖に沿って自転車を走らせる。この湖は東西に長く、瓢箪のような形をしており、地図によると手頃な場所に橋がある。この橋を利用し、ぐるっと回って駅に戻ってくれば良いだろう。
 予定通り橋を渡り対岸へ。右側は山が迫っており、落石注意の標識がある。ほかに、クマ出没注意という旨の看板もあった。人の気配は全くなく、1人で通るのは若干心細い。
 しばらく進むと周囲が開けてきた。公園があり、人が何人かいるようだ。そのそばには川が流れていて、湖との境にはダムが設置されている。DSCN0286.JPG
 公園を抜けてダムの方に行ってみる。ここは貯砂ダムらしく、詳しくはわからぬが砂を貯められるような仕組みになっているのだろう。一般人の通行も可能で、ちょうど滝の裏側に入れるようになっていた。目の前を大量の水が落ちていくのは、なかなか迫力がある。
 さらに自転車を走らせ、駅の方へ向かう。これと言って見るべき物もなく、予想以上に早く進んだ。そのため20分ほど時間が余ってしまったが、特に何をするでもなく、先頭のカウンターも兼ねている駅の売店で地元産の牛乳を買って飲んだくらいだった。
 そして、予定通り北上行の列車に乗り込む。けっこう混雑していたが何とか空席を見つけ、北上まで一眠りした。
posted by せた at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。