2008年12月29日

来年こそは

 王座戦が終わり、会社の忘年会が終わり、そして有馬記念も終わった。いよいよ今年も終わろうとしている。

 年を取るほど月日が経つのが早く感じられるというが、今年の私にはそういう感覚はなかった。今年もやはり長かったというのが、正直な感想である。
 長いというのは、いろいろなことがあったということ。思うようにいかないことが、いろいろあったということ。ストレスが溜まり、それをなかなか消化できないでいる自分が、この1年はずっといた。
 充実した時間がなかったわけではない。仕事などの制約の中でも、それなりに趣味を楽しんできた。一時的に癒やされること、心が洗われることはあった。しかし、それは私の生活そのものを変えるには至らなかった。根底に流れる憂鬱は、どうすることもできなかった。
 最大の問題は、明るい未来が見えてこないということだ。このままではダメだと思い、今年はそれなりにあがいてみたが、結果は出なかった。ゆえに、今年も冴えないまま終わったという印象が強いのだ。

 そういえば、今年はブログの更新もあまりできなかった。前のブログと合わせて3年ほどやっているが、これほど更新頻度が下がったことはなかった(オフラインだった時期を除く)。
 忙しい時期が多かったし、私のサボり癖も理由の1つだろう。しかし、それでも書きたいことがあれば書くはずだ。1時間くらいなら、なんとか捻出できるのだから。
 ゆえに、来年はまず、楽しいことを次々として、書けることを増やしたい。そして、頻繁にブログを更新していきたい。小さな楽しみでもいい。短い文章でもいい。良い話題を文章にすることによって、心も明るくできるのではないか。
 来年こそは良い1年にできるように、小さなことからでも日常を変えていければと思う。
posted by せた at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。