2009年01月19日

反省と今後

 早々と挫折の気配である。今年はブログを頻繁に更新しようと思っていたはずなのに、2週間も更新が途絶えてしまった。
 書く時間がなかったわけではない。5日から9日にかけては仕事に忙殺されたが、それ以降は比較的余裕があったはずだ。その後の連休には旅行にも出かけているから、書くことがないわけでもない。
 要するに、私の怠け癖が出てしまったのである。安定感とかコンスタントとかいう言葉とはまるで縁がない私だけに、毎日コツコツというのは幼少時から苦手だ。
 しかし、やはりブログをやっている以上は何か書いた方がいい。物事をサボることはしょっちゅうあるが、それは後で自己嫌悪を招く恐れがある。結局、楽をしたようで実は精神衛生上良くないのである。
 では、仕事中心の毎日の中で書けることはあるか。以前にも書いたように、やはり書きたくないことが多い。そうなると、先週の旅行の話を引っ張り出してくるのが簡単でいいだろう。
 私は一人旅がほとんどで、マイナーなところを中心に回ることが多いので、旅行記は一般受けするものではないと思う。しかし、それは他の趣味についても同じことだ。旅行記を書かない理由にはならない。
 また、旅の記録を残しておくことは、後で思い出すのにも便利だ。ある場所に行った記憶はあっても、それがいつのことだったかは時間が経てば忘れてしまう。詳しい行程も同様だ。ゆえに、旅行記を書くことは、記憶を整理するのにも役立つのである。
 そういうわけで、遅ればせながら簡単に旅行記をまとめてみようと思う。朝と夜の通勤電車の時間を割けば、まあ数日でそれなりにまとまるだろう。
 ちなみに、ウエスタンや神将の機関誌の原稿も残っているのだが、それは大した問題ではあるまい。どうせすぐに筆が進まなくなるのだから、その時は別の原稿に移ればいいのだ。
 物を書くのは嫌いではないし、せっかくツールがあるのだから、それを存分に生かしていきたいと思う。
posted by せた at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。