2009年01月22日

相掛かり

 将棋倶楽部24を利用したリーグ戦「じょんいる杯」の本戦が終わった。対局自体はまだ残っているのだが、私はさっさと全局消化したので、もう終わった気分である。
 今回は、久々に自分の持ち味が発揮できたシリーズだった。予選は逆転勝ちの連続で7勝2敗。本戦は3勝4敗に終わったが、まあ相手関係を考えると悪い成績ではない。

 さて、今回の本戦では珍しいことが起こった。7局中3局が相掛かり、しかも全て引き飛車棒銀だったのだ。これだけ相掛かりを頻繁に指したという記憶は全くない。ちなみに結果は先手番の2局が勝ち、後手番の1局が負けだった。
 相掛かりというのは高校時代好きな戦形だったのだが、大学に入ってからほとんど指さなくなった。受けてくれる相手はほとんどおらず、居飛車党だと当時大の苦手だった矢倉にされてしまうからだ。卒業後に引き飛車棒銀がプロ棋界で流行したが、自分が指すことはなかった。
 ところが、最近になって考え方が変わってきた。矢倉への苦手意識が小さくなり(払拭されたわけではない)、それよりも2手目△3二飛などの力戦振り飛車の方が嫌に思うようになったのだ。そうなると、初手を▲2六歩とするのも有力だ。
 では、なぜ引き飛車棒銀を指したかというと、今期の本戦の開幕戦で某氏に指され、完敗を喫したからである。ネットリーグならではの気楽さで受けて立ったのだが、その結果先手側も持ってみようと思ったわけだ。
 そして先手を持って2戦2勝。この戦法の優秀性を認識した…と言いたいところだが、どうもそんな感じではない。知識があまりないこともあって、駒組みが長いと作戦負けになってしまうのだ。序盤の駒組み合戦が延々と続くのは、私の苦手とする展開なのである。
 それでも、相掛かりというのは指していておもしろい(横歩取りほどではないが)。24だと気軽に指せるし、しばらくは初手▲2六歩でいこうかと思っている。
posted by せた at 01:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たち来月入籍致します!!ココに感謝のしるしと皆様にも幸せのきっかけをプレゼント♪
Posted by 人妻 出会い at 2009年10月07日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。