2009年02月09日

時の流れとともに

 1日だけ帰省してきた。目的は、奈良県高校の最強者決定戦に顔を出すためである。7〜8年前から毎年この時期に行われているイベントで、中学生や高専生も参加しており、OBも多く顔を出している。
 11年も前に卒業したOBで、しかも東京在住という私が、わざわざ出かけた理由は2つあった。1つは奈良県高校棋界の現状が心配だったから、もう1つは「熱く生きる」という今年のテーマに沿って行動しようと考えたからである。
 前者については昨年5月にも少し書いたが、奈良県全体のレベルは数年前に比べてかなり下がっていて、昨年のGWの大会は活気も今一つだった。ゆえに、それからどうなったがかなり気になっていたのだ。ただの一OBで強豪でもない私にできるのは微々たることだが、それでもいないよりはいいだろう。
 続いて後者だが、正月に今年のテーマとして「熱く生きる」を挙げたものの、仕事が忙しく、具体的な行動には移せないでいた。そのため、ここらで何か行動しないと、テーマを設定した意味がなくなってしまうように思った。そして、自分の持つ「熱さ」を満足させるイベントとして、ちょうどこの最強者決定戦があった。

 では、私が会場で何をしていたかというと、別に大したことはしていない。将棋は2局指して1勝1敗、あとは運営の手伝いをしたくらいである。頼りになる若手OBが何人も来ていたので、私が動き回る必要はなかった。
 それでも収穫はあった。わざわざ行っただけの価値はあったと思えた。それは、参加者がかなり増えていて、活気も戻っていたことをこの目で確認することができたからだ。
 確かに、まだまだレベルは低い。時間を使わずに負けるものも少なくなかった。しかし、これだけ盛況であれば、レベルはおのずと上がっていくだろう。また、誰にでもチャンスがあるという状態も、悪いものではない。大切なのは、これからしっかり鍛えていくことであろう。
 また、大学生の若手OBがたくさん来てくれていたのもたいへん嬉しかった。彼らと同等の力を持つ現役の選手はおらず、彼ら自身の鍛錬にはならないのだが、それでも地元の後輩を鍛えてくれるというのは、非常にありがたいことだ。

 このイベントに参加するのは、今年が最後になるかもしれない。大学生が何人も来てくれているから、もうわざわざ行かなくてもいいかなという気もしている。他のOBと交流したり、顧問の先生方に挨拶をしたりという機会は、他にもあるのだ。
 私は今年30歳になる。高校のOBとしては、もはや若手ではない。また、特別な待遇をしてもらえるほどの実力を持ち合わせているわけでもない。淋しさはあるが、これが現実だ。
 一方で、30歳前後でしなければならないこともある。自分の家族を持つことである。家族を持ち、子供を生み育てることによって、若者が生産されるのだから。そして、それが文化を後世に残していくことになるのだから。
 6年前、最後の一軍戦を戦ったとき、自分たちの時代が終わったことを実感した。そして、そのときと同じような感情を、今の私は抱いている。当時と同様に、これは自然の成り行きだと思う。そう思わせてくれた現役および若手OBの諸君には、感謝の念を持たなければなるまい。
posted by せた at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。