2009年05月11日

久々の大会

 久しぶりに、24以外で将棋を指した。アマ竜王戦の東京都予選である。社団戦も近づいてきたので、調整のために実戦で鍛えておかねば。
 奈良県の大会なら2日目進出(ベスト8)を目標に掲げるところだが、残念ながらここは東京だ。当然、非常に層が厚い。予選(1勝通過2敗失格)突破が現実的な目標だろう。
 会場は日本青年館。将棋の大会などで何度か行ったことがあるが、ここで幸せになった記憶は全くない。まあ、そんなことは考えても仕方がない。とにかく全力を尽くすのみだ。

 予選の1局目、相手の作戦は一手損角換わり。相右玉から私が仕掛けたものの、これが無理筋で圧敗。全く将棋を指したという感じがしなかった。まあ、体力を温存できたから、大熱戦の末に負けるよりはマシなのかもしれない。
 1敗同士の2局目というのは嫌なものだ。お互いなんとか1勝はしたいと思っているだろうが、その思いが悪影響を及ぼすこともある。若い人を引いたら嫌だなぁと思っていた(若手、特に大学生は執念が強い人が多い)が、ベテランとの対戦となった。
 その2局目、今度は矢倉模様から相手が右玉に変化。自信のない局面が続いたが、強引に攻めたら相手が弱気になり、なんとか攻め倒した。これで最低限の目標は達成だ。
 あとはボーナスゲームだが、本戦の抽選で見事に0回戦を引く。相手は聞いたことのある名前。これは強豪を引いてしまったか。まあ、予選も突破したし、思い切り良く指すだけだ。ここで昼食休憩となり、近くのカフェでコーヒーとサンドイッチをいただく。将棋に関しては今さらジタバタしても仕方がないので、携帯電話で競馬の情報を見ていた。
 そして本戦0回戦、またも1手損角換わりをされる。今度は普通の相腰掛け銀になった。先手だが千日手でもいいかと思い(角換わりより急戦矢倉の方が勝率が良い)、じっくり指していたものの、相手に先攻させたのはどうだったか。受け一方では勝てないとみて、質駒ができたところで反撃に出たが、きっちり余されてしまった。

 今回の結果は、可もなく不可もなしといったところだろう。24があるとはいえ、長期休養明けであっさり勝てるほど甘いものではない。
 収穫は、時間一杯考えることができたことである。少なくとも、手拍子で悪手を指すということはなかった。悪手はあったが、それはしっかり考えた結果であり、実力が出ただけのことだ。
 社団戦開幕まであと2ヶ月足らず。いろいろと用事は入ってきそうだが、なるべく将棋に触れるようにはしたいと思う。昨年の社団戦が不本意な結果だっただけに、今年こそは結果を残したいものである。
posted by せた at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。