2009年06月01日

6年ぶりの学名応援

 家からの移動時間は1時間足らず。会社からだとわずか5kmほど。それなのに、心理的には実に遠く感じられる場所。将棋会館とは、そんな場所だ。
 学生時代、ここに選手として行きたいと思っていた。団体戦ほど情熱を傾けることはなかったが、それでも関西個人戦やオール学生に出場し、上をめざして戦ってきた。しかし、私の実力では将棋会館は遠かった。最も近づいたときでも、あと3勝が必要だった(余談だが、四日市で行われる十傑戦はあと2勝のところまで行った)。
 そんな将棋会館に、応援に行けることになった。母校の後輩である出口雄大君が、学生名人戦の出場権を得たのだ。神戸大学としては6年ぶりの快挙である。3月までは全く考えてもいなかったことで、ただ嬉しいの一言だった。自分が行けなかった大舞台に応援に行かせてもらえるというのは、OBとしては最高の幸せである。

 5月23日(土)、1回戦の序盤戦が繰り広げられている頃に、将棋会館に到着。廊下に神大OBの小林一三君がいたので声をかけ、2人で対局室へ。
「あの茶髪でスーツの子が出口君です」
 小林君に教えてもらう。今風の青年で、およそ神戸大学将棋部の一員とは思えない。新たな時代の到来を実感した。
 その出口君の1回戦は快勝。関東代表として学生名人戦に出場するほどの選手を圧倒するくらいだから、やはり相当強い。これで神大としては13年ぶりの領域に到達した。小林君によると2回戦の相手は相当な強敵のようだが、こうなると上位進出を期待してしまう。
 その後、小林君とドトールで雑談し、2回戦の対局開始に合わせて戻る。いつの間にか観戦者も増えてきた。対局数が1回戦の半分で、人が集中するようになるというのもあるだろうが。
 出口君の2回戦はゴキゲン中飛車VS△7四銀急戦で、小競り合いの後、第2次駒組みが延々と続いた。双方たっぷり時間を使っている。振り飛車の出口君が指せそうに見えるが、実戦的にはいい勝負か。
 他の対局が次々と終わっていく頃に決戦となり、しばらくして居飛車がはっきり優勢になった。6七にいた振り飛車の左金は8六へ追いやられ、7三にいた居飛車の右銀はいつの間にか5五で威張っている。
 勝敗が誰の目にも明らかになっても、出口君は指し続けた。投了する気にならないのだろう。やはり学生はそうでなければ。しかし、奇跡は起きず、神将の6年ぶりの学生名人戦は、ベスト16という結果で終わった。
 感想戦終了後、出口君のところに若い選手が何人か集まり、しばらく雑談をしていた。学生時代にも何度となく見せられてきた光景だ。中学・高校で全国大会の常連だった者は、全国に友達がいる。自分のような三流選手との違いを見せつけられるのは、盤上だけではなかったのだ。しかし、神大将棋部にもようやく、強豪とのパイプを持っている時代が訪れた。そう思うと、感慨深いものがあった。
 3回戦の設営が始まったため雑談は終わり、出てきた出口君と山田祥五君(京都大)に声を掛けて、小林君も合わせて4人でドトールへ。関西学生棋界の近況など、主に将棋の話で盛り上がった。2人とも爽やかな好青年で、大学将棋部員にありがちなアクの強さがまるで感じられない。将棋で負けた後だというのに、偉いものだと思った。
 小1時間ほど雑談して、再び将棋会館へ。3回戦の対局はまだ序盤から中盤の入口で、勝負どころは先のようだ。控室に行ってみたが、既に満員で入るスペースがない。過ごし方が難しいし帰ろうかと思った。他の3人も同じことを考えていたようで、まず小林君が帰り、私と学生2人もほどなく将棋会館を後にした。
 山田君とは千駄ヶ谷駅で分かれ、友人に会いに行くという出口君と秋葉原まで一緒に行く。将棋以外の話もいろいろ聞いてみたが、しっかりとした考えを持っているようで、実に頼もしい。団体戦でもエースとして活躍してくれそうだ。

「ありがとう」
 出口君にかける言葉は、それ以外に思いつかない。彼が活躍したから、我々は応援に行けた。すなわち、彼のおかげでOBとしての最高の幸せを味わうことができたのだ。ただただ感謝するばかりである。
 しかし、彼はこの結果に満足しているはずがない。もっと上をめざしていることであろう。私にできることは何もないが、そんな彼が、そして神戸大学将棋部が、それぞれの目標を達成してくれることを、心より願っている。
posted by せた at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。